相続・遺言関連手続きの費用

相続登記(不動産の名義変更)については、不動産登記の費用をご覧ください。また、ここに記載のないものについては、お気軽にお問い合わせください。

1.遺言書作成

1-1.公正証書遺言

1-2.自筆証書遺言

2.遺産整理(承継)業務

3.預貯金の相続手続き

4.家庭裁判所での手続き(相続・遺言関連)

4-1.遺言書の検認

4-2.特別代理人の選任

4-3.相続放棄

1.遺言書作成の費用

1-1.公正証書遺言

司法書士報酬 75,600円

上記金額は、相続財産の総額が5千万円程度までの場合です。財産の額が多かったり、とくに内容が複雑な場合には、お話を伺った上でお見積もりをいたします。司法書士報酬には、遺言書の内容についてのご相談をはじめ、公証人との事前の打ち合わせなども含まれています。この他に、公証人の手数料がかかります。

公正証書遺言の作成には証人2人以上が必要です。通常は、司法書士が1人目の証人になりますので、もう1人の証人をご用意いただくことになります。当事務所で2人目の証人をご容易することも可能ですから、必要な際はご相談ください。

1-2.自筆証書遺言

司法書士報酬 43,200円

上記金額は、相続財産の総額が5千万円程度までの場合です。財産の額が多かったり、とくに内容が複雑な場合には、お話を伺った上でお見積もりをいたします。司法書士による遺言書の保管や、遺言執行者に司法書士を指定することを希望される場合は、ご相談ください。

専門家に相談することで間違いのない自筆証書遺言を作成したい方向けのサービスです。遺言書の内容についてのご相談をはじめ、自筆証書遺言の作成が完了するまで何度でもご相談にお越しいただけます。

2.遺産整理(承継)業務の費用

司法書士報酬 270,000円~

遺産分割、相続登記、銀行預金の解約、株式、投資信託の名義変更などの遺産整理業務を、司法書士にまるごとおまかせいただくことができます。司法書士による遺産整理(承継)業務の最低報酬額は270,000円(消費税込み)です。

3.預貯金の相続手続きの費用

司法書士報酬 64,800円

銀行、信用金庫などの預貯金の解約(名義変更)手続きです。預貯金の相続手続きのみをご依頼いただいた場合の基本報酬は上記のとおりですが、相続や遺贈などによる不動産登記とあわせてご依頼いただいた場合には43,200円で承ります。

金融機関2社以上のご依頼の場合、1社当たり43,200円を加算します。また、松戸市内に支店のない金融機関などで出張が必要となるときは、日当(1回10,800円~)がかかります。

手続きに必要な戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)や住民票(戸籍の附票)などの取り寄せも、司法書士にすべておまかせいただくことができます。この場合の費用は、実費プラス書類1通あたり1,080円の手数料のみで承っています。

4.家庭裁判所での手続き(相続・遺言関連)

家庭裁判所への提出書類作成をご依頼いただく場合、手続きに必要な戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)や住民票(戸籍の附票)などの取り寄せも、司法書士にすべておまかせいただくことができます。この場合の費用は、実費プラス書類1通あたり1,080円の手数料のみで承っています。

4-1.遺言書の検認

司法書士報酬 32,400円

上記の司法書士報酬は、遺言書検認申立書の作成、および家庭裁判所への提出代行を含んだ総額です。ただし、相続登記など別の手続きをおこなわず、遺言書検認のみを単独でご依頼いただく場合は、相続関係証明書作成報酬(10,800円~)がかかります。この他、実費として、収入印紙代800円と、書類郵送用としての切手代(82円切手を相続人数×2枚程度)がかかります。

4-2.特別代理人の選任

司法書士報酬 32,400円

上記の司法書士報酬は、特別代理人選任申立書の作成、および家庭裁判所への提出代行を含んだ総額です。遺産分割協議のために特別代理人選任の申立てをする際には、「利益相反に関する資料」として遺産分割協議書案を提出します。この遺産分割協議書を当事務所で作成する際には費用(10,800円~)が別途かかりますが、遺産分割協議に基づく不動産相続登記をあわせてご依頼いただく場合には、同じものを特別代理人選任と相続登記に使用しますから費用が節約できます。この他、実費として、収入印紙代800円と、書類郵送用としての切手代(82円切手を数枚程度)がかかります。

4-3.相続放棄

司法書士報酬 43,200円

上記の司法書士報酬は、相続放棄申述書の作成、および家庭裁判所への提出代行を含んだ総額です。相続放棄される方が2名以上の場合、1名追加ごとに21,600円を加算します。この他、実費として、収入印紙代800円と、書類郵送用としての切手代(82円切手を数枚程度)がかかります。

相続開始から3ヶ月を過ぎている場合などで上申書(事情説明書)の作成が必要なときには書類作成費用(10,800円~)を加算します。その他の特殊なケースについても司法書士報酬を加算させていただくこともありますが、その際には事前にお見積もりします。

サイト内検索

Twitter

Facebook