借金の消滅時効の援用
消滅時効援用(松戸の高島司法書士事務所)

消費者金融などからの借金を、最後に返済してから5年以上が経っている場合、時効により支払い義務が消滅しているかもしれません。消費者金融、クレジット会社など、貸金業者からの借金については5年間で消滅時効(しょうめつじこう)が成立します。消滅時効が成立するこということは、つまり返済義務が無くなるということです。

ただし、消滅時効が成立しても、時効であることを相手方に伝えなければ債権は消滅しません。つまり、債権者に対して「消滅時効援用の意思表示をする」と通知することが必要なのです。この消滅時効援用の意思表示は、内容証明郵便により文書でおこなうのが通常です。

借金が消滅時効となっているかを判断するに当たっては「借金の消滅時効はいつ成立するのか」のページをご覧ください。また、当事務所から時効援用の内容証明郵便を送った相手方(消費者金融、クレジット会社、債権回収会社)の実績については「消滅時効援用の相手方(一覧)」をご覧ください。

1.消滅時効援用の手続きは認定司法書士へ

2.ご依頼の流れ

3.内容証明郵便による消滅時効の援用

4.時効が完成しているのに請求が続くことがあるのか

5.消滅時効援用の関連情報

1.消滅時効援用の手続きは認定司法書士へ

消滅時効の援用を司法書士にご依頼いただけば、司法書士が代理人として内容証明郵便を送るので、相手方との交渉も全て代理人にお任せいただけます(認定司法書士、弁護士以外に時効援用の内容証明郵便の作成を依頼した場合、その後の相手方とのやりとりはご自分でおこなわなければなりません)。

借金の消滅時効については、自己判断で手続きするより、専門家(弁護士、認定司法書士)にご相談されることをお勧めします。千葉県松戸市の高島司法書士事務所は、認定司法書士の事務所でであり、多数の消滅時効の援用手続を取り扱っています。時効援用の手続きをご依頼いただく際には、事前の準備はとくに不要です。1人で悩まずにすぐにご相談にお越しください。

2.ご依頼の流れ

当事務所へお越しいただいてのご相談、ご依頼の流れは次のとおりです。裁判手続(訴状、支払督促)がおこなわれている場合は、手続きの流れが異なりますので、まずはお問い合わせください。

また、お近くに相談できる司法書士や弁護士が見つからないという場合など、遠方からのご依頼も承っております。その場合、電話でお話を伺った後に、委任契約書等のやりとりを郵便でおこないます。詳しくは、ご依頼の方法(全国対応)のページをご覧ください。

なお、電話によるご相談・お問い合わせができるのは、当事務所へのご依頼を前提とする場合のみです。電話相談のみのご希望については承っておりません。

相手方から送られてきた通知書、督促状などがあればお持ちください。また、借入先や最終返済時期がなどが分からない場合、信用情報機関(CIC、JICC)で信用情報の開示を受けることもできます。

ただし、何も書類などをお持ちいただかなくてもご相談いただけますから、事前の準備なしにすぐご相談に来ていただいても差し支えありません。司法書士が一から分かりやすくご説明するので、安心してご相談にお越しください。

相談の結果、当事務所へご依頼を決めた場合には、委任契約書への署名押印をいただきます。司法書士費用は、時効援用の内容証明郵便を発送する前にお支払いいただくのが原則です。分割払いの場合には、司法書士費用の支払いが済んだ後の発送となります。

最後の取引(返済、借入)の時から5年間が経過しており、消滅時効が完成しているのが明らかなときには、ただちに時効援用の内容証明郵便を発送します。取引時期が不明な場合などでは、最初に取引履歴の開示請求をして、最終返済時期を確認することもあります。

いずれの場合であっても、司法書士が代理人として手続きをしますから、全てをおまかせいただけます。

内容証明郵便を送付することにより、時効による債権消滅の効果が生じます。

消滅時効の援用は、借主の側からの一方的な意思表示のみで完結するので、一部の債権者を除いては「消滅時効の完成を認めた」ことを確認するための書面等を交わすことはありません。

それでも、内容証明郵便を送る際には配達証明を付けるので、時効援用をした事実の有無が問題になる心配はありません。

3.内容証明郵便による消滅時効の援用

「時効による債権消滅の効果は、時効期間の経過とともに確定的に生ずるものではなく、時効が援用されたときに初めて確定的に生ずる」とされています。

債権消滅時効の援用は、債権者に対する意思表示によって行います。具体的には、債権者に対して「消滅時効を援用する」旨を記載した書面を送付します。また、この書面は意思表示したことや、その内容を証拠書類として残すために、内容証明郵便(送達証明書付)を利用すべきでしょう。

ご参考までに内容証明の例を示しますが、実際に内容証明郵便を送るにあたっては、専門家(弁護士・認定司法書士)に相談することをお勧めします。

通知書(例)

千葉県松戸市松戸1176-2
被通知人 甲山商事株式会社 御中

  私は、貴社との間で金銭消費貸借取引を行っておりましたが、平成○○年○○月の返済を最後に、その後は一切の取引を行っておりません。
  したがって、上記取引に基づく貴社の私に対する債権については既に消滅時効が完成しているので、本書面をもって、貴社に対し消滅時効援用の意思表示をいたします。
  よって、今後は、私に対して一切の請求を行わないようお願いいたします。

平成○年○月○日

千葉県柏市柏1-1-1
通知人 甲野 一郎

なお、司法書士が代理人として、消費者金融などへ時効援用の通知をするときは、下記のような内容証明郵便を送っています。この場合、司法書士に全ての手続をお任せいただけますから、内容証明の内容などをお考えいただく必要はありません。

内容証明(司法書士が代理人として送る場合の例)

4.時効が完成しているのに請求が続くことがあるのか

消費者金融、クレジット会社など貸金業者からの借入れについては、最終の弁済期(返済期日)から5年が経過することにより消滅時効が成立します。

それならば、誰もが名前を知っているような大手の業者であれば、消滅時効が成立した後になっても請求を続けるようなことはしないと思うかもしれません。したがって、正規の貸金業者から通知(請求書、督促状)が届いたのであれば、当然に支払い義務があると判断してしまうのも無理のないことです。

けれども、消滅時効期間が経過した後になって、新たに請求がおこなわれるのも決して珍しいことではありません。このことは、大手の消費者金融やクレジット会社であっても同様です。時効による債権消滅の効果は、時効が援用されたときに初めて確定的に生ずるのであり、債務者(借主)の側から消滅時効の援用がおこなわれない限り、請求(督促行為)を続けることは法律的には全く問題がありません。

最後の返済のときから10年以上が経過しているような場合であっても、請求書が送られてくることもありますし、訴訟や支払督促がおこなわれることもあります。そのような場合に、慌ててご自分で相手方に連絡をしてしまうのは避けるべきでしょう。

たとえ、電話で話をしただけであっても、支払いの約束をしてしまったり、弁済の猶予を求めてしまうようなことがあれば、その時点で時効が中断してしまう恐れもあります。どうしたら良いのか判断できない場合には、すぐに専門家(認定司法書士、弁護士)に相談して、その後の対策を検討するようにしてください。

5.「消滅時効援用」の関連情報

借金の消滅時効はいつ成立するのか

消滅時効の成立後に訴状(支払督促)が届いたとき

借入先、取引時期(最終返済日)が不明なとき

消滅時効と連帯保証人

債権譲渡と消滅時効

消滅時効の記事一覧(債務整理・借金問題のご相談ブログ)

消滅時効援用のよくある質問

消滅時効援用の相手方(債権者、債権回収会社)一覧

・お問い合わせ・ご相談予約について

消滅時効の援用のことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームから、松戸の高島司法書士事務所へお気軽にご連絡ください。

費用のこと、必要書類のこと、手続きにかかる期間のこと、どんなことでも結構です。消滅時効の援用のご相談はいつでも無料で承っております(無料相談は事務所にお越しいただくのが原則です)。

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所ではすべてのご相談に、親切、丁寧なご対応を心がけています。安心してご相談にお越しください。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918(フリーダイヤル)

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますので、ご遠慮なくお電話ください。平日は19時頃まででしたらつながることが多いです。




サイト内検索

Twitter

Facebook