消滅時効の援用

消費者金融(サラ金)やクレジットカードのローン・キャッシングなどの借金返済が滞ってしまってから長期間が経った後に、突然、請求書(督促状)が送られてくることがあります。そういうときは、慌てて支払おうとする前に当時の借入や返済の状況について良く考えてみましょう。

通知書などが届いたからといって、必ずしも現在も支払い義務があるとは限りません。最後に返済してから5年以上が経っている場合、消滅時効により債務の返済義務が消滅しているかもしれないからです。貸金業者からの借金については5年間で消滅時効が成立します。消滅時効が成立するこということは、つまり返済義務が無くなるということです。

ただし、消滅時効が成立しても、それを援用しなければ債権は消滅しません。つまり、債権者に対して「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えることが必要です。この時効援用の意思表示は、『内容証明郵便』により文書でおこなうのが通常です。また、裁判所から支払督促や訴状が送られてきたときであっても、同様に消滅時効が完成していることもあります。そのような場合には、裁判所へ提出する答弁書などによって消滅時効の援用をすることが可能です。

昔の借入先から書類などが届いたときに、どうしていいか分からないからといって放置しておくのは絶対に避けるべきです。すぐに専門家(認定司法書士、弁護士)に相談するようにしてください。

サイト内検索

Twitter

Facebook